【漫画レビュー】女性同士の恋愛・セックスをキレイにカワイくリアルに描く! 岸虎次郎「MAKA-MAKA」 ※18禁

seesaa_profile_icon
こんにちは!マンガルーです。
今回ご紹介するのは、岸虎次郎先生の「MAKA-MAKA」(マカマカ)です。
全2巻、完結済みの作品になります。エロあり作品であり、こちらのレビューでもおっぱいが出ていますのでご注意ください。


デザイン系の学校に通うジュン(左)とファッション系の学校に通うネネ(右)
女性同士の恋愛、セックスを描く作品

作品説明:
「好きになった人がたまたま女の子だっただけ…」Hでカワイイ女の子2人のリアルでキュートなドキドキオールカラー・ガールズコミック『MAKA-MAKA』第1巻がついに配信開始!! 超プレミア必至のフルカラーコミック史上最高クオリティのエロティック作品をあなただけのものに… 
(C)Kishi Torajiro 



女性も楽しめるキレイでカワイイ恋愛セックス漫画


この作家さんは本当に絵がキレイで、一枚一枚をポスターにできちゃうくらいの完成度があります。
現在はグランドジャンプにて「オトメの帝国」を連載されています。
ヌードやセックスを描いているのですが、きれいな絵柄で、エロさはあるけどエロマンガ的ないやらしさはあまりかんじません。
男性向けのエロではなく、女性のほうが楽しめるのではないかと思います。
ジャンル的には、百合、レズビアン、ガールズラブとなります。


おっぱいでてるけど爽やか



様々なシチュエーションで毎回ドキドキできる


主にこの漫画で描かれているのは、女性同士の恋愛、セックス!です。
男性を排除(場合によっては「女性の気持ちを理解できない生き物」として描写)して、女性同士の関係性にフォーカスしています。

1話1回なにかしらエロいことするんですが、場所、シチュエーションなどバラエティが豊かで、人前でこっそりだったり、電話しながらだったり飽きさせません。


ふつうにベッドでイチャイチャ



サークルの部室でこっそりペッティング(エロい)



繊細で丁寧な関係性、セックスの描写


基本はジュンがタチ、ネネがネコですが、ジュンが酔ってたり弱ってたりするとネネが攻めたりします。
ただエロとかセックスしてるということではなく、二人の状況(いやなことがあったり、いいことがあったり、ケンカしたり)が、プレイに反映されて昇華されていく描写がリアルといいますか、場合によってはセックスが切なく見えたり、かわいらしく見えたり、なぜか心が動かされます。



ジュンは普段タチな分攻められると弱い



自己嫌悪気味なネネ。この後やさしく抱かれる



学校の課題がうまくいったジュン。この後むちゃくちゃネネを抱く




全2巻でさくっと読めますし、繰り返し読めば読むほど二人の表情に発見があったり、楽しめる作品です。
ぜひともお手元に置いてみてはいかがでしょうか!?



こちらもおすすめ!


同じ岸虎次郎先生の女性同士の恋愛を描いた漫画、「マルスのキス」も同じく超おすすめです!


「マルスのキス」レビューはこちら


この記事へのコメント