【漫画レビュー】女子高生の同姓への恋愛をリアルに丁寧に描く 岸虎次郎「マルスのキス」

seesaa_profile_icon
こんにちは!マンガルーです。
今回ご紹介するのは、岸虎次郎先生の「マルスのキス」です。
全1巻、完結済みの作品になります。


スクールカースト上位の女子高生由佳里が、優等生キャラの美希(表紙)と出会い変化していく物語


作品説明:
美術室でマルス像にキスをする美希を見かけた日から、彼女の存在が気になる由佳里。 秘密を共有することで、しだいに惹かれあい距離を縮めるふたり。 ある日、由佳里はその感情が「友情」ではなく「恋」だと気づいてしまう―――。 思春期特有の、はかなくも美しい揺れる恋心をとらえた純愛感動作!!
(C)Kishi Torajiro 



1巻完結、女子高生同姓愛の傑作


主にスクールカースト上位の由佳里と優等生の美希の関係性の変化、切ない恋愛を描いていくのですが、とにかく女子の表情、心理の描き方が素晴らしいです。
作者、ほんとは女子高生なんじゃねえかと思うレベルとのリアル感。
現在グランドジャンプにて「オトメの帝国」を連載中。こちらの作品も、女子校にこっそり住んでるんじゃねえかと思うレベルでリアルでかわいい百合コメディを描かれています。

物語の動機設定、キャラ設定、表情描写、心理描写のどれをとっても素晴らしく、グイグイ惹きこまれます。
主人公の心理状況が短い時間でジェットコースターのように移り変わるのですが、置いて行かれることもありません。




「なんだよ この処女野郎!!」

高校生ものでははずせない要素「スクールカースト」ですが、この作品でも効果的に使われています。
最初はイケてる由佳里が優等生の美希を馬鹿にしている構図、ある事件をきっかけにカーストを超えて仲良くなる様子(まだ上下は変わらず、上からエロ知識を教えてあげる構図)、じわじわとスクールカースト的な価値観が崩壊し、美希の純粋さに心が奪われていく様子が描かれます。


優等生は「保健の教科書でオナってそう」偏見がすごい


偏見から友情へ。


経験豊富の優越感から、純粋さへの憧れへ


とにかく女子の表情が!リアル!かわいい!切ない!


ミステリアスで純粋な美希に、反応したり影響をうけたりする由佳里の変化がこの物語の主軸になっています。
表情の移り変わりがとにかく上手く、顔の描写で物語に起伏をつけています。
由佳里の素直さ、弱さ、影響の受けやすさというキャラがあっての表現です。



大学生のDQNにぞっこんの由佳里。頭わるそう


過保護な親への反発


優等生で物静かな美希。二人の対照が印象的


ドヤ顔。セックスについて上から語る。


デレ。美希の純粋さに影響をうけて


うれしい→切ない→悔しい。ある言葉を受けての表情の変化。


完璧な物語、キャラ、設定からの1枚絵の説得力


ネタバレになってしまうので詳しくは書けないのですが、物語の発端は由佳里が美希のある行為を目撃することです。
これがこの漫画の象徴であり、ラストに別の構図で同じ行為が描かれます。
丁寧な描写で積み上げつつ、最終的には1枚絵の説得力で決着をつけるところが、漫画として本当に優れていると感じました。

物語のために積み上げられた全ての要素のどれがかけても成り立たない、絶妙なバランスで成り立った作品です。
これは自信をもっておすすめできます!ぜひお手元に1冊!


こちらもおすすめ!


同じ岸虎次郎先生の女性同士の恋愛を描いた漫画、「MAKA-MAKA」も同じく超おすすめです!


MAKA MAKAのレビューはこちら


この記事へのコメント