【恋愛レシピ】ドジで落ちこぼれでもイケメンをオトせる!「イタキス」ヒロイン琴子の3つの魅力

cara.jpg
こんにちは!マンガルースタッフです。

みなさんご存知、累計発行部数3500万部の少女漫画の名作「イタズラなKiss」


これまで日本と韓国でドラマ化はされていたのですが今年はじめて映画が公開されることになりました!
皆さんご存知、少女漫画の名作『イタズラなKiss』通称イタキス。


ざっくり言うと、ヒロイン琴子ちゃんが天才イケメン入江くんに片思いをして、徐々に二人の距離が近づいていくストーリー。
コミカルなタッチ、入江くんのツンデレ描写、王道で必ず楽しめるストーリーなど見どころ満載なのですが、今回はヒロイン琴子の魅力を、マンガルーで使用可能なコマを使って並べてみました!

入江くんの胸キュン行動に注目が行きがちですが、琴子のキャラクターには「片思いを成就させるヒント」が隠されています。
ドジで落ちこぼれな琴子が、なぜ天才イケメン入江くんを手中におさめることができたのか?彼女から片思い成就の秘訣を学んで、あなたの恋に生かしちゃいましょう!



一途に思いを伝え続ける


琴子はとにかく一途に入江くんを思い続けます。
「一回告白してだめでもアプローチしつづけろ!」というノリで男性へのアドバイスにありがちなスタンスですが、男性からしても女性に思われ続けるのは悪い気はしません。
「こっちがその気になったときに確実に両思いになれる女性」ということで、相当な安心感があるポジションと言えます。
男性はあっちがどう思ってるかめっちゃ不安なので、立場を明示の上で維持しているというだけで、男性にとっては相当特別な女性であれます。

ちなみに琴子は駆け引き一切無しで、常に「入江くんが好き」を隠さずに行動しつづけます。直接好き言うこともあれば、好き丸出しの態度で接したりします。さすがにこれだけビームを受け続けたのはイケメン入江くんにもさぞ効いたことでしょう。



クリスマスに頬を染めながらプレゼント


バレンタインで改めて告白


受験にお守り


卒業式で第2ボタンせびり


要所要所で告白


度胸と行動力


待っているだけでは入江くんは振り向いてくれません。ここぞというときに入江くんにパワフルにアプローチをかまします。
そもそも恋のスタートは琴子が入江くんに片思いをして、ラブレターを渡したことからはじまっています。
それだけでなく、時には幼少時の黒歴史から入江くんをゆすり、尾行し、かなりアクティブ。
ひとつひとつが入江くんにボディブローのように効いていきます。


公衆の面前でラブレターを渡すど根性琴子


入江くんの黒歴史をダシに脅したりもする


別の女性とのデートを尾行



素直で表情豊か



思い続けるだけでは入江くんは振り向いてくれません。
告白した当初は、入江くんは全く琴子に興味なしでした。


クールな入江くんに迷惑よばわりされて死んだ目の琴子

入江くんが琴子に興味をもったのは、素直に動きまくる琴子にペースを乱されつつ、その豊かな表情や行動に面白さをかんじたことがはじまりです。
琴子はとにかく表情豊かで、だいたい思いっきり喜んだり、泣いたり、真っ赤になったりしています。

脅迫した入江くんに勉強をおそわって学年100番をゲットして大喜び


当の入江くんからイジられて赤面して息が荒くなる琴子


入江くん弟の看病で凡ミスして泣いて落ち込む琴子


これだけ表情だしてくれると、イジりがいもありつつ、どうしても気になってしまいますよね。入江くん的にも目が離せない存在になっていきます。



琴子が作ったお守りが元で災難にあったが、入江くんにとっては「生まれて初めて」


入江さんから「刺激があって面白い」との評価をいただく


「苦手だけどきらいじゃない」に昇格


そして、さきほど「駆け引きをしない」と書きましたが、豊かな表情や行動が入江くんからのアクションを引き出したりもします。


みんなの前でばかにされて好きなことをやめると宣言

→これが入江くんのイタズラごころを刺激し、イタズラなKissをされます・・・!

好きというスタンスは崩さず、その時どきで思ったことを思いっきり口に出す!それが琴子流!
「素直」というのはある意味最強で、下手(したて)に出たり機嫌をとったりしているわけではないというのも重要ですね。


まとめ


いかがでしたか?自分の感情をあまり出さない人が増えている昨今、琴子ちゃんみたいなタイプは世の中少ないかもしれませんね。
裏表作った駆け引きより、好きという思いを常に前回で立ち向かうのも片思いの成就には最短なのかもしれません。
みんなプライドとか、優位に立ちたいと思いすぎだよ!!素直になれよ!
ぜひ参考にして、片思いの彼をゲットしちゃいましょう!!

ではまた!




この記事へのコメント